エラ(Ella)避妊パッチの通販と個人輸入※エラ(Ella)最安値と効果と副作用について

エラ(Ella)を通販を利用して購入

日本では、緊急避妊薬についての認知度が徐々に上がっています。 緊急避妊薬は、性交した後に避妊目的で服用するホルモン剤のことで、アフターピルとも呼ばれています。 避妊にコンドームを使っていたものの、コンドームが破れてしまったり、避妊を忘れてしまったりした時に使われます。 望まない妊娠を避けるために使われる緊急避妊薬には、様々な種類があります。 エラ(Ella)も、緊急避妊薬のひとつです。 エラ(Ella)の有効成分は、ウリプリスタール酢酸エステルで、プロゲステロン受容体に働きかけます。 有効成分による排卵抑制や子宮内膜の変化によって、高い避妊効果を発揮します。 従来の緊急避妊法は、性交を行った後72時間以内に服用が必要でしたが、エラ(Ella)は120時間以内の服用でよいのが大きな特長のひとつです。 避妊の失敗から、できるだけ早く使用し、遅くとも120時間以内に1錠を服用します。 エラ(Ella)は、月経周期中のいつでも服用できますが、性交後の妊娠を避けるための薬であり、完全に妊娠を回避できる薬ではありません。 ですから、計画的に避妊を行う場合は、経口避妊薬などを使って避妊することが大事です。 エラ(Ella)は、個人輸入の通販サイトで購入できます。

エラ(Ella)避妊パッチ30mgの購入はこちら

エラ(Ella)の服用の注意と最安値

エラ(Ella)は緊急避妊薬で性交後に妊娠を防ぐために仕様する薬ですが日本では病院でも扱っていない商品のため購入は海外から個人輸入する事で、多くの輸入代行業者や仲介業者がありますが評価が高い信頼できる業者から購入する事が重要で、一般的な最安値は2750円程度の商品でそれ以下のはるかに安い価格で販売されている業者は偽物の薬の可能性もあるため購入は避ける方が無難です。 エラ(Ella)は避妊失敗が発覚したらすぐに服用する方で効果が高く最低でも120時間以内に服用する必要があり、月経中でも問題なく服用する事が可能ですが服用したからと言って必ず妊娠しないという薬ではないため、妊娠を望まない場合は避妊対策をしっかり行う事が重要です。 エラ(Ella)は海外では一般的に販売や処方されている薬で安全性の高い薬ですが服用後に腹痛や嘔吐、倦怠感やむくみなどの副作用が確認されており注意が必要で異変を感じたら次に必要になっても服用せずに別の薬か婦人科で緊急避妊薬処方してもらう方が安全です。 エラ(Ella)は性交後に1錠服用する薬で妊娠したくないからと過剰に摂取しても効果は無く、体に負担をかけるだけなので絶対に正しい服用方法を守る必要があります。

エラ(Ella)避妊パッチ30mgの購入はこちら

緊急避妊薬のエラ(Ella)は個人輸入代行通販で買う

何らかの理由で避妊が出来なかったので、望まない妊娠を防ぎたいときは、緊急避妊薬のエラ(Ella)を服用するようにしてください。 婦人科に行かなくても、個人輸入代行通販で販売している薬なので、万が一のために購入し、バッグなどに入れておくと安心です。 エラ(Ella)は性交後、遅くとも120時間以内に飲めば効果を発揮するので、病院が休みだったり、忙しくて行けないときには重宝します。 エラ(Ella)に含まれた有効成分はウリプリスタール酢酸エステルで、服用すると、プロゲステロン受容体に働きかけ、受精卵の着床を防いで、妊娠を予防することが出来ます。 これまでの緊急避妊薬は、性交後72時間以内に1錠、さらに12時間後に1錠の服用が必要でしたが、エラ(Ella)なら、120時間以内に1錠だけでOKなので使いやすく、飲み忘れの心配がないと口コミでも評判になっています。 海外の臨床試験のデータによると、避妊成功率は72時間以内で95%以上、120時間以内で85%以上なので、いざというときは助かりますが、あくまで緊急時の薬なので、常用は避けるようにしてください。 緊急避妊薬のエラ(Ella)は婦人科でも処方してもらえますが、診察代等がかかるので、個人輸入代行通販で買った方が安い費用で済みます。

エラ(Ella)避妊パッチ30mgの購入はこちら

エラ(Ella)の特徴と想定される副作用

エラ(Ella)はピルとして販売される薬剤の1つで、避妊の失敗が疑われる性行為を行った際に、女性が飲む緊急避妊薬として用いられます。2009年以降各国で認可が下り始めていますが、日本においては未承認であり、使用は専ら個人輸入による自己責任に負う薬剤となります。 特徴は類似の薬品において性行為から72時間以内の服用が求められるのに対し、120時間以内の服用で効果が見込まれる点にあります。これはエラ(Ella)が次世代型避妊薬とも呼ばれ、従来品と有効成分が異なる点にその理由があります。但し飽くまでもピルである為、ホルモンの分泌・バランスに作用を齎すものでもあります。 その為従来型のピルに見られる副作用が、エラ(Ella)でも発現する可能性があります。主な症状としては頭痛・腹痛・吐き気といったものが挙げられます。とは言え基本的には一時使用に留まる薬剤であり、副作用も一時症状で留まり易いとは考えられる事から相応に安全な薬剤とは言えます。 先述のように日本では未承認であり、重篤な副作用が生じた場合でも自己対処が求められ易い薬剤です。使用においては乱用に当たるような行為は絶対に避けると共に、飽くまで緊急用である事を意識して頼り過ぎないようにする事が望まれます。

エラ(Ella)避妊パッチ30mgの購入はこちら

エラ(Ella)で得ることができる効果

エラ(Ella)は、ウリプリスタール酢酸エステルという有効成分を配合した緊急避妊薬になります。 エラ(Ella)は、性行為を行った後急いで避妊をするために服用する医薬品になります。 エラ(Ella)に配合されているウリプリスタール酢酸エステルという成分は、プロゲステロン受容体に働きかけることによって、排卵を遅らせたり、抑えたりといった子宮内膜の変化を生じさせる働きがあるので高い避妊効果を得ることが期待できます。 性行為を行ってから、およそ72時間ぐらいが経過するまでに服用することが必要となる一般的な緊急避妊薬とは違って、性行為を行ってから、およそ120時間ぐらいまでなら時間が経過していても服用することができるというのが特徴となっています。 エラ(Ella)の主な効果は排卵を抑制することですが、受精卵が着床するのを阻止することもあります。 妊娠を既にしてしまっている状態でエラ(Ella)を服用したときに胎児や、母体に影響を与えるかどうかについての情報がほとんどないので、妊娠しているときにエラ(Ella)を服用するのは差し控えることが必要になります。 避妊できなかった性行為を行ったり、避妊に失敗してしまった性行為を行ったりしたら、できるだけ早く服用すると効果的です。

エラ(Ella)避妊パッチ30mgの購入はこちら

エラ(Ella)の高い避妊効果を実感出来ている口コミ

私のパ-トナ-がコンド-ムを付けるのが嫌いな人で、それでもキチンと避妊をしてくれる時は良いのですが、そうでない場合に備えてエラ(Ella)を購入した口コミです。 元々私はピルを服用して避妊をしていたのですが、仕事が忙しい時に飲み忘れたり、副作用もあったりしたので継続して飲むのが難しくなっていました。 そんな時に緊急避妊薬のエラ(Ella)を見つけ、これなら万が一避妊具が破損してしまった時にも備える事が出来ますし、万が一パートナーが避妊をしてくれなかった時にも対応出来ると感じ試しに購入しました。 エラ(Ella)は、時間が経過していても120時間以内に1錠飲むだけで避妊効果がありますし、飲むのが早ければ早いほど避妊成功率が上がるのも良かったです。 また性交後に1錠を飲むだけで良いので飲み忘れの心配が無いですし、副作用も殆ど感じる事なく自分の考えですぐに服用し避妊が出来るので常に手元における様に定期的に購入しています。 また注文してから発送までとても迅速に対応してくれますので、助かっています。 私の身体にも合っていると思うので、これからも万が一の時の常備薬としてエラ(Ella)を購入し続けたいと考えています。

エラ(Ella)避妊パッチ30mgの購入はこちら

エラ(Ella)で安心を手に入れることができた体験談

以前避妊に失敗をして怖い思いをしたので、エラ(Ella)を常に手元においておくことにしました。 一番確実な方法としては低用量ピルを飲み続ければ良いのでしょうが、お金がかかりますし管理も面倒だったので結局いざという時に飲み忘れていて効果がないとなっては大変だったため、緊急避妊薬を手元においていざという時に備えることにしたのです。 そのため、基本的に使う予定はありませんでしたし相手にも避妊を徹底させていたので、使う気もありませんでした。 それでも避妊を嫌がる相手がいたり、避妊具が外れてしまったという事故で避妊に失敗をしたことが何度かあり、3回ほどエラ(Ella)を使うことになってしまったのですが、無事に妊娠を避けることができたのでホッとしました。 回数的に多いわけでもありませんし、妊娠の確率というのはそれ自体低いものだと言うので偶然妊娠しなかっただけかもしれませんが、それでもエラ(Ella)があることによって安心感を得ることができたのは良かったです。 ただ、他の人の体験談でもあるように緊急避妊薬というのは副作用が強いようで、エラ(Ella)も自分の場合少し具合が悪くなって吐き気が出てくるのは気になります。

エラ(Ella)避妊パッチ30mgの購入はこちら